上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月17日(月)午後6時30分より、豊島公会堂にて東京都青少年健全育成条例に関するイベントが開催されます。
【詳細】
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/
http://icc-japan.blogspot.com/2010/05/blog-post.html
 翌18日に行われる都議会総務委員会では、都条例改正案を六月に成立させるかどうか、重要な話し合いが行われます。ここでもし「やはり原案のままで通す」ということになったら、今までの苦労が水泡に帰してしまいます。
 都条例はまだ廃案にはなっていないし、廃案になる可能性は現状それほど高くありません。上記のイベントは、翌日の都議会総務委員会で少しでも都条例による表現規制に反対してもらおうという意図で行われます。前回辛くも継続審議となったのは、3月15日に都庁にて行われたイベントで、ちばてつや先生や里中満智子先生、竹宮恵子先生、永井豪先生が反対表明を出して下さったことや、各団体による反対表明、そして何より、たくさんのメールや手紙、陳情が各議員さんや都庁に届いたお陰です。それでもまだ、状況は厳しいのです。3月15日の時と同じように、大勢の方のご協力が必要です。今回は豊島公会堂、800人参加可能な会場です。入場無料です。途中からの参加でも大丈夫ですので、ぜひご来場下さいますようお願い申し上げます。3月15日の時と同じように、数の力が必要です。どうかお願い致します。

 都条例については、もっとマメにお知らせしたかったのですが、〆切その他との兼ね合いでなかなかブログのほうまで手が回らず申し訳ありません(twitterにはちょくちょく上がっていたんですが)。情報に関しては、わたしより機動力のある方々が都議会に傍聴に行ったりとか色々出して下さっていたので、少し安心してました。積極的に情報を集めていらっしゃる方には周知の事実かと思いますが、改めて都条例の状況をお知らせします。

 まず最初に少しだけ良いお知らせ。都議会民主党内で、3月の時点では強硬な規制推進派だった議員さんがお一人、「これだけ反対意見が出ているのだから、もっと慎重に議論したほうがいいのではないか」というところまで理解して下さいました。
 これは、1000通を超えるメールが届いたことと、多くの方々が手紙や直接陳情等の方法で地道に説得をして下さったお陰です。わたしがお礼を言うのも変かもしれませんが、本当にありがとうございました!! ネットって顔が見えないから、「本当に皆、メール出したり手紙出したりしてくれてるのかな」と実は少し不安だったのですが、疑って悪かったー!(´;ω;`) ほんとにみんなちゃんと出してくれてた(´;ω;`) 
 それでもまだ、都議会は揺れている状況です。都議会民主党内からは強硬な規制派から「慎重に議論を」というところまではなんとか理解して下さる議員さんが現れたのですが、都議会における自民、公明からはまだ一人も理解して下さる方が現れていません。もしも自民・公明を支持されている方で、「でも表現規制には反対だよ」という方、いらっしゃったらぜひ自民と公明の議員さんへお願いしてみて下さい。何かコネとかツテのある方、いらっしゃったらぜひ説得を試みて下さい。わたしにはもう無理ですorz 民主、共産、生活者ネットワーク、無所属の議員さんたちは陳情くらいは受け容れてくれるんですが、自民と公明の議員さんに陳情するには、何かよっぽど強力なコネとかツテとかないと無理っぽいです。それって政治家としてどーなんだろうとちょっと思わなくもないです。即座に規制反対に転じてくれとまでは言いませんよ。でも話くらい聞いてくれたっていいじゃないかと。
 生活者ネットワークの三人の議員さんは、様々な陳情やメールを受けて「もっと慎重に議論すべきか」というくらいにはご理解いただけたようですが、まだ予断を許さない状況です。引き続き、なるべく多くの議員さんに対して、メールや手紙、直接陳情等の方法でご理解いただけるように呼びかけて下さると、とても助かります。わたし一人の力ではとてもここまで辿り着けませんでした(´;ω;`) 

 今回の話は東京都だけれど、大阪府でもBL雑誌が有害指定されたりと、全国的に表現規制が進められている状況です。国会では児童ポルノ法案や男女共同参画基本計画による表現規制が行われようとしています。児童ポルノを取り締まる、男女の権利を平等にしよう、本当にそれだけなら素晴らしい法律です。なのになぜそこに、創作物に対する表現規制や事実上の検閲、発禁に繋がるような内容が含まれてしまうのか。なんらかの意図を感じた方は、ぜひこれらの法案について調べてください。調べてみて、もしも疑問を感じられたら、そのことを地元の議員さんに伝えて下さい。ネット上だけでいくら反対意見を出しても、ほとんどの議員さんは個人のサイトや匿名掲示板までは見ていないのです。もちろんネット上で反対を表明するのも有意義ですが、あと一歩だけ踏み出して下さい。上で述べた通り、議員さんにメールや手紙、直接陳情をすることには、必ず意義があります。わたしも人のことはとても批判できないけれど、今回のような条例が提出され、ほとんどの国民に知らされないまま可決されそうになったのは、自分も含めて、ほとんどの人々が政治に無関心だったからです。
 サイゾーの記事にも書きましたが、陳情とかって思ってたより全然簡単でしたよ! わたしにできる程度のことなら、絶対に他の人にもできますよ! わたしのことを知っていてくれる人ならわかるでしょうけど、わたしはトロい!!!ヽ(`Д´)ノ 鈍い!!ヽ(`Д´)ノ 事務処理能力とか交渉力とかかなり低い!!ヽ(`Д´)ノ 政治にも特別詳しくない!!ヽ(`Д´)ノ その程度のわたしでも、陳情くらいはできました!ヽ(`Д´)ノ だからもし、「BLとか美少女ゲームとか、創作物が規制されるのはやだお(´;ω;`)」って思ってたりとか、「同人誌も自由に作れない世の中なんて嫌だ」と思われる方、いらっしゃったらぜひ、地元の議員さんに「表現規制について、どう思われますか。都議会(国会)で提出されるこのような条例(法案)について、反対して下さいますか」と聞いてみてください。もし「反対します」と言ってくれたら、選挙でその人に一票入れよう!ヽ(`Д´)ノ 
 
 自分も含めて、一般市民がそんなハードな政治活動とかできるはずないんですよ、仕事あるし家事もあるし。でも選挙に行くことはできるんですから、どうか皆さん、選挙は行って下さい。ってほんとにわたしが言うのも変な話なんだけどね(´・ω・`) あんまり具体的な政党名や政治家の名前を出すのはこのブログでは避けますが、twitterではちょびちょびと呟きますので、よかったら参考にして下さい。国防とか外交とか経済のことは基本的には呟きませんが(そもそも呟けるほど詳しくないから)、表現規制に関わることについては今後も呟いていきます。なるべくお役に立ちそうな、精度の高い情報を呟けるように務めますが(そんなに特別な情報源を持ってるわけじゃないけど)、もしわたしが間違った情報を呟いた時は、遠慮なくツッコミよろしくお願いします。
http://twitter.com/mittochi

 なんか久々のため超・長文になってしまいましたが、最後に(わたしにとってだけ)怖ろしいお知らせ。17日の「どうする!? どうなる? 都条例」、わたしもパネリストとして、出る……のです  よ……最初はリレー形式で意見を言うらしいって聞いていたので、当然そっちだろうと思ってお受けしたら、ぱ ぱねらー って あれ、ずっと、壇上に、いる の……?(゜д゜)  同じ壇上に、竹宮恵子先生とか宮台真司教授とか山本直樹先生とか、うわあああ わたし超読んでますよ先生方の著作、ダニエルさんはエヴァの翻訳もしてるしうめ先生も有名だし山口さんは弁護士だし藤本先生と河合先生は教授だったり評論家だったり、あとは各団体の代表者って、え  あの中にわたし、混じる、の……??(゜д゜) ってわたしが一番あれなんですけど……BL作家でね、他に出る人がいなかった ん ですよ……orz

 今必死でカンペを作っているのですが(カンペ見ながら喋るパネリストって……いるのか……他に……いなさそう……)、なんとか他の方々の足を引っ張らないようにがんばってきます。今回のイベントは、わたし以外の先生方をナマで見られるだけでも滅茶苦茶価値がありますよ!!ヽ(`Д´)ノ わたしも客席から見たかっry  弱音は吐きません(すでに吐いてる)  BLって、ジャンルとして確立されてから日が浅いせいもあるんですが、世間的にはあまり認知されていない。で、自分も含めてBL好きな女性って、なるべく隠れて仲間内だけで楽しみたいって思うじゃないですか。性的なことを話すのって勇気が要るし、必要がない時は話したくないから。BLを知らない人に、わざわざ知って欲しいという気持ちもあまりなかったから。でも今は、必要な時なんです。なぜなら『有害』とまで言われてしまったから。BLに限らず、「表現や情報に有害なものなどない」ということだけは、なるべく多くの人にわかってほしいんです。表現や情報を規制したら、世の中が安全になるかって、そんなはずないんです。逆に危険になります。
 じゃあ性的な表現や暴力描写を含むBLやライトノベルっていうのは、青少年に対してどういうアプローチをしたらいいのか、どう説明するのか、広い世の中に対してどうやって関わっていくのか、というのを、できたら話してきます(あくまでも私見になりますが。リレー形式での発言はまだ参加者募集しているようなので、自説を披露できる方、ぜひ参加して下さい)。
 わたしじゃなくてもいいのに、誰か代わりに話してくれたらいいのに、とは思うんですが、『次の人』が現れてくれるまでは頑張りますよorz 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。