確定申告とかいろいろやってたら完全に出遅れた…orz
 ネット上ではかなり話題になっているのに、テレビや新聞ではなぜかほとんど報道されていない、東京都の青少年健全育成条例について。ご存知でない方は、下記のサイトをご覧下さい。その他にも、検索すればたくさん出てきます。
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/03/post-a2d1.html

 問題点を短くまとめると、

 「非実在青少年」、つまり、漫画やアニメ、小説等の創作物であっても、官憲が「これ、未成年に見えるから」って判断すれば「児童ポルノ」として認定され、規制の対象になります。作者が「えっこれは30歳のサラリーマンのつもりで描いたんですけど」と主張しても、「この絵柄だと30歳に見えないからダメ」って言われたら児童ポルノ扱いです。そんなこと言っていいのは編集者と読者だけだと個人的に思います。条例が成立した場合、同人誌も取り締まりの対象になります。

 実在の児童を保護するための具体的な対策が盛りこまれた条例だったら、全面的に賛成できるんですよ。反対する人ほとんどいないと思いますよ。
 でも、『絵空事』を取り締まったって、確実に誰も得しないです。オタク業界からの税収が減る上に、表現や創作の幅が狭まるだけだし、さらに今現在被害にあっている実在の青少年も誰も救われないです。あとこれが一番大切なこと、この条文で主張されていることの一部は、憲法21条違反です。表現の自由を侵害するものです。
 で、現在、微力ながら都議会議員さんたちにちまちまと陳情のメールを出しているところです。もしもご賛同いただけるようでしたら、皆様にもメールでのご協力をお願い申し上げます。アドレスをここに書くのは憚られるので、このサイトから各議員さんのHPに飛んで下さい。どの議員さんも大体メールアドレスは公開されています。
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/membership/link.html
それどころじゃないんですけど、酒井大史議員のHPに載っているフェレットがかわいいです。ほんとそれどころじゃないのに見入ってしまってキケンです。
スポンサーサイト