たった今R子妹っち(サイトの基礎というか接続の設定してくれた)から

「これで晴れてWeb2.0(二昔前のトレンディみたいなコトバ)の仲間入りですね。最初からカテゴリーに「日常」とは別に「はっちゃん」が設定されているところに水戸さんの病の深さを見ました。そんでblog名は水戸が攻めで小林が受けということでよろしいですか?」

というメールが来たのですが、Web2.0の意味がわからないため笑いどころがわかりません! 教養がないとウィットってやつは無理です! 平成ベイビーの皆さんは「よど号」とか「あさま山荘」って単語をぐぐればいいと思いますが、これらの単語はもはやサブカル用語であって教養ではない気もします。うっかり人前で

「知ってる? よど号事件の犯人は「我々はあしたのジョーである」って言って飛び立ったんだよ」

とか蘊蓄を披露すると、尊敬される確率よりも「思想的に偏った人」と見られて距離を置かれる確率のほうがぜんぜん高いです。サブカルチャーの特徴は「ほとんど実益に結びつかない上に知ってるだけでオタクであることを披露してしまう」ことに尽きると思いますが正直大好きですサブカルおたく。
 ところで小林は受ですか…一人やおい劇場…(※水戸と小林は同一人物です・念のため)
スポンサーサイト