上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CAUQKRMQ.jpg
 今発売中の小説リンクス8月号の付録「巻頭特集セレクション」に、以前書いたショートストーリー「恋の秘密」が再録されています。テーマは「年の差」で、小悪魔な甥×生真面目な叔父っていうカップリングです。あれ、逆だったかも……小悪魔は受だったか……!? 今書くのなら小悪魔攻です。なぜだか最近、年下攻にも萌ゆる……。
 ところで友達と有閑倶楽部の話をしていて、友達は「断然弥勒攻!!ヽ(`Д´)ノ 弥勒×清四郎!! 頭の茶色い男は攻と相場が決まっておる!!ヽ(`Д´)ノ」と言い張っていたのですが(どんな相場なんだ)、わたしはもしも悠理が男だったら、断然清四郎×悠理だよと言ったら「ああそれは水戸っちのド真ん中だね」と言われますた。あああー本当だっΣ( ̄□ ̄;) あんま自覚してなかったけどド真ん中だわ……嫌味なハイスペッククール攻と、がさつな美少年……そ その設定は確かに、ストライクゾーンのド真ん中ッ…… 
 そーいえばなんで有閑倶楽部の話をしていたかとゆーと、一回ペニンシュラホテルでハイティーしたいねえって話をしてたからだった。一条ゆかり先生の描かれる旅行記とかグルメエッセイはほんと面白くて憧れたー!! そもそもペニンシュラって単語自体、子供の頃有閑倶楽部で初めて知りましたよ。チッペンデールって単語も有閑倶楽部で初めて知ったよ。あと吉兆も!! 吉兆は行ったことあるけど、それも有閑倶楽部で昔見て憧れてたからだったんだよねー。そのあと吉兆はあれになっちゃったんですが、わたしがあの時喜んで食べてたものも、他のお客さんの食べ残しだったのだろーかと考えると、もういいや、近所のはなまるうどんで……という、なんかかなしい思い出になっちゃったよっヽ(`Д´)ノウワーン  正直、バブルの正体ってそんなもんだったんじゃないかとは思うんだけど、一条先生の漫画には夢があるから今でも大好きヽ(´▽`)ノ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。