献本プレゼント、本日メール便にて発送致しましたので当選した方には今週中には届くかと思います。予想以上の応募数だったので、結構落選が出てしまいました。また何かあったら企画しますー。しかしもう自分の本は溜めこみたくない…数えてみたら376冊も溜めこんでましたよ……! おんなじ見本誌を重複して何冊も……なんか部屋が狭いとずっと思ってはいたけど現実から目を逸らしていた…。発送を手伝ってくれた兄貴にょんこSおちゃん小桜っちありがとう~! 宛名シールとかが曲がってる封筒が届いたら、「ああこれは水戸さんが梱包したのね、リンゴをウサギの形に剥けない水戸さんが」と察して下さい……友達が包んでくれたやつは梱包きれいですよ……。

 ところで献本の件で、サインを入れて下さいという方が何名かいらっしゃいましたが、時間的にちょっと無理でした。イベント会場で、午後とかなら大体ヒマなのでそういう時にいらして下されればなんか書きます。ぶっちゃけマイナー作家のサイン本は中古市場では落書きと見なされて価値が下がりますがそれでよければ(笑)でもなるべく転売はしないで下さい(笑)。

070920_115514.jpg


 去年の秋にとりあえず床に広げてみて「見なかったことにしよう」と納戸に突っこんだ(しかもこれで全部じゃないし)。これで心おきなく引越できる……! しかし次の〆切がすでにやばい……けどなんか今異常に体調がいいのでなんとかなる気がする……あんまり体調が良すぎて眠れなくなり、危うく二徹しそうになりました。躁病だったらどうしようかと心配になりました。
スポンサーサイト
 サイトのほうに「なんかペラいコピー誌でも作れたら」と書いてますが、現状無理そうなので在庫のみで参加します。Jガーデンパンフレットの「オススメ同人誌」コーナーに寄稿してます。「ダメッ子」萌えが流行るといい!と念をこめてみた!
 サンシャインの一階にある「メゾンカイザー」ってパン屋さんのパンがちょお美味(特に胡桃のパンが好きー) バターとかつけなくてそのまんま囓っても美味いよー! あとジュンク堂のそばにある「山ちゃん」て居酒屋さん(鶏の手羽先が名物)がちょおマイブーム。つか池袋で美味しい店は三軒くらいしか知らない……他にどっかオススメないですかー
2008.03.07 そういえば
講談社ホワイトハート文庫の新刊案内のページに、「薔薇の名前」についてのコメント寄せてたんでした。よかったらご覧下さい→http://shop.kodansha.jp/bc/books/x-bunko/
 献本プレゼントの発送、当初は3月上旬の予定でしたが、ちょっとまだ無理そうなので(げんこう終わってなくて…)3月中旬にずれこみそうです、すみません。なんか気がついたらバーバラんのところでも献本プレゼントしてた! 同業者は大体密かに自分の本を貯蔵していると見た!! バーバラんは本読むの早いので、「なんか新刊が出ないと今読む物がない」みたいなことをたまに呟いていて大変うらやましい。わたしなんか……四年前に出た某長編シリーズの最終巻を、つい先日やっと読み終わったよ……積みゲーは気合いで消化っていうか、ノベルゲーはまだしも大作RPGを積み始めると多分それ老後まで引っぱるよ……ヘタするとやる前に寿命が尽きそうな気がするよ……BASARAはストーリーモードだけならわりとすぐ終わるからまだいいけど、「ネギ出したい」とか「第二衣装出したい」とか思ったら結構時間かかるんですよね。わたしはズルしてセーブデータをもらってしまいますた。ゲーマー失格ですがゲーマーとして正しい道を歩もうとすると社会人として失格するという、なんかすごいつらい二者択一ですよ……。

 あ、あと、下の日記に書いた手塚先生の漫画のタイトル、「刑事もどき」だそうです、知らせて下さったK・Eさん、バーバラん、ありがとう~! これで一つストレスが減りました(笑) 全集の収録は239巻らしいです。セリフとかキャラの容姿は結構仔細に覚えてるのに、なんでタイトルだけは忘れちゃうんだろうか。
 あと再三、メールのお返事が全面的に滞っているのもすみません、仕事と引越が一段落したらなるべくお返事致しますー。
 薔薇の新刊は書店さんにない場合はアマゾンとかのネット通販でよろしくです。わたしも結局外に出られなくてネットで買うこと多いなー…

 それと、昨日あたりから書店に並んでいる小説花丸春の号にもエッセイつーか雑談書いてます。
2008.03.01 一人春闘
 岡山に住む友達ともう何年も前から都内で遊ぼうよー泊まりおいでよーと遣り取りしてるんですが、友達は自営業でわたしは自由業なのでなかなか休みが噛み合わず、つーか休みって基本なくないか…? という事実に気づいて茫然自失。って今更ですが。賃金アップ! ったって自営・自由業の場合は自力で売り上げ伸ばすしかないし、休みをくれえええ!! って思っても「休むのは自由だけどその分年収下がるよ」って厳然たる事実が立ちはだかるし、春闘しようにも戦う相手が存在しないのですよ…強いて言えば戦うべき相手は自分自身の怠け心ですかそうですかそうですよ……今、有給休暇って単語を見ると暴れそうになるので見ない!!ヽ(`Д´)ノ   でも岡山の綾斗さんは休んで東京来るといいと思う~(私信)

 でもあれですよ、担当さんが倒れそうになりながら出社してるのとか見ると、あーあれですよ、ほんとすみません頑張ります…すすす……げ 原稿が遅いのは罪だよ罪悪だよ時間泥棒だよ……と……

 ところでずっと前から気になっていたこと。手塚治虫先生の著作に、ガチホモがあったはずなんだけどタイトルが思い出せない! 片方が刑事でガチムチ系、片方は優男で「あっしは……でさァ」って喋り方する詐欺師。で、二話か三話くらい続いてて、一話目の冒頭でガチムチ刑事に命を助けられた詐欺師は、それから刑事と同居して奥さんのよーに尽くすのですよ。で、最後のほうで強精剤みたいの飲んじゃって、「旦那ァ、あっし、たまらないんでさァ!」ってハァハァしながら刑事に迫ってた。その作品が収録されていた本のタイトルが思い出せなくてストレス!! ちょーストレス!!! 全集を一冊一冊確かめたいのですがそんな時間はないいい!! ヽ(`Д´)ノ あと友達にその話したら「手塚先生はきっとそんな話は最初から描いてないんだよ、水戸っちの「ああ、手塚先生の描いたホモが見たいなあ」という願望が見せた幻だよ」とまで言われ心外!! ちょお心外!!ヽ(`Д´)ノ 誰かあの本はちゃんと実在したって証明して!! ヽ(`Д´)ノ  個人的にガチホモを描いて欲しい漫画家はかわぐちかいじ先生です。ってかわぐち先生も昔、確か刑務所ものかなんかのワンシーンで「あああンた、抱いて、抱いてぇっ」って男の受刑者が言う話描いてた(ファンの人が作った同人誌で紹介されてた)…けどその本は持ってないの…ちょお入手困難で…