上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.30 夏コミ
 本家サイトhttp://park19.wakwak.com/~mitonokairakuen/に書いたように、夏コミは18日(鋼)と19日(オリジナルJUNE)で参加します。新刊予定は下記の通りです。

18日(鋼)東4ホール・リ38b・サークル名「Sea Zoo」
新刊【マザースカイ】表紙・air様
ロイ×リザ←キンブリー18禁。リザたんの優しさが全般的に裏目に出るえろ本。
新刊(コピー誌)タイトル未定・キンブリー→マイルズ(嫌がるマイルズたんに菌鰤ーが無理矢理乗っかる菌鰤ー襲い受本)とかキンブリー→スカー(嫌がるスカーたんを無理矢理りょーじょくする菌鰤ー×スカー)とか、全体に菌鰤ーは、イシュヴァールの人に嫌がらせするためには手段も目的も何も選ばないよね…というえろ本。大好き菌鰤ー!!

19日(オリジナルJUNE)
西1ホール・れ38ab・サークル名「神田カルチェラタン」「水戸の快楽園」
新刊【Resurrection】(仮題)表紙・香林セージ様。薔薇の名前・復刊記念本。書き下ろし中編小説(B5三段組で40pくらい)と、巻頭に香林セージさんのカラーイラスト4pに瀬名×彬のえろSSを載せる予定です。あとは香林さんによるキャララフと設定資料、制作秘話?みたいのも載せたいです。薔薇を読んだことのない方にも一冊で読み切れるような仕様にします。

新刊【キスとDO-JIN! extra1】 キスDOシリーズ読み切り短編。文庫よりさらにコアなネタを書きます。薄くなっちゃった場合は無料配布になるかもしれません。

サイトのほうで告知している【MIXTURE5】は、時間的な都合上、出るかどうか今のところ確率50%くらい…?? この本だけは9月30日のJガーデンか冬コミに延びるかもしれません。あとでサイトのほうも直しておきます。商業のお知らせはまた後ほど…!
スポンサーサイト
2007.06.29 メール~
 昨日までに届いたメールにはすべてお返事しましたので、もしまだ届いていない方がいらっしゃったら再度送ってみて下さい~。たまにスパムに紛れてうっかり削除してしまうことがあるので、件名に「小林(水戸)さんへ」とか入れていただけるとサルベージしやすくて助かります。

 実家に戻った時になぜだか余っていたコンニャクをもらったので、「たまにはちょっと煮てみるか」と思い立ち、ごま油で炒めて醤油と酒と砂糖と唐辛子で煮てみたのですよ。「ペペロンチーノ作る時はこれくらいだから、辛いほうが好きだから」という理由でペペロンチーノ作成時と同じ量の唐辛子を投入したところ、今、正直、しゃべれない状態です。唇が…痛すぎます…。いつも通り茹でて味噌つけて食べていればこんなことには……余計なやる気を出さなければこんなことには……やっぱり料理はしないほうが自分の健康のためにいいのでは……。あとなぜか余ってた小松菜ももらったんですけど、正直小松菜は、味噌汁に入れるか油で炒めて塩胡椒醤油かけて食べるかの二種類しか調理方法がわかりません…でも栄養ありそうだからよく食べるよ小松菜…とりあえず一日一食は自炊するようにしているよ、栄養補給のために我慢して食ってるよ…。発芽玄米はいいなあ、炊飯器で炊くだけだから失敗がなくて。あと納豆と豆腐もいいなあ、醤油かけるだけで食べられるから。あとは野菜スープときのこスープとスパゲティしか作れません……でも自作のペペロンチーノとタラコスパは大好き…他人にはちょっと食べさせられない味だけどなんか自分のツボにははまるの。というわけでわたしはもう色々あきらめて、都内の安くて美味しいお店を探すことをライフワークにすると決めたの…。
 お葬式は昨日終わったのですが初七日までいられなくてゴメンとここで謝ってももう届かないのですが、いいお婆ちゃんだったのですよ。父方の祖母で、大正五年生まれ、数えで90歳でした。わたし下の日記で昭和SHOWWA書いてますが、おばあちゃんは大正生まれで、六年前に亡くなった母方の祖父は明治の一番終わりの年の生まれでした。母方の祖母だけはまだ病院で元気なので、ちょっと行ってくる…つか今行けみたいな気持ちになりましたよ。なんかいつまでも永遠に元気なんじゃないかみたいな錯覚に陥ってたけど、実際そんなわけないんですよね。
 父方の祖母はあの年齢にしては海外旅行好きで、ハイカラ(これも死語か)な人でした。わたしが高校生の時パリに行くと言うので「ヴィトン買ってきて!」って頼んだら、帰国後に「スニーカーで行ったらパリのヴィトン本店は入れてくれなかったのよー、あれは黄色人種差別だよ!」言うて怒ってましたが、いやいやそれは差別つーか多分ふつうにドレスコードみたいなのに引っかかったのでは…と後年思いました。日本国内だとどんな服を着ていても大体どの店も入れちゃうけど、パリはさすがに違うんでしょうか。一度この目で確かめたいです。というか、徐々にボロい服に着替えて何度も行って、パリのヴィトン本店の基準を試したいです。あとおばあちゃんの部屋でよくテレビを見せてもらったんだけど、ルパンの銭形警部が好きって言ってました。理由は「危ない目に遭っても絶対死なないから」だそうです。今思うと重い言葉だなあ。あっあとその時パタリロがアニメで放映されていて、裏番組があばれはっちゃくで弟がそれ見たいって言うからチャンネル権争いで負けて、それでおばあちゃんの部屋でパタリロ見せてもらったんだった。普通に男同士のベッドシーンが映って、おばあちゃんに「これはどっちが女の人なの?」聞かれて困った記憶が鮮明に…己の将来を暗示していたような記憶だな…あとおばあちゃんの部屋に行く階段によくコガネムシが落ちていて、それを素足で踏んで絶叫したのもいい思い出…か…?? あーあと鎌倉でバスケット買ってもらった。そんな細かいことばかり思い出します。



 
2007.06.25 戻りました
 旅から戻りましたよ。と思ったら親類に不幸があったため、明日からまたちょっとネットにつなげないかも知れませんが二、三日で戻ります。メールのお返事はそれから書きますのでよろしくです。下の日記にも書きましたが、引き続きご意見、ご感想などメールでいただけるとうれしいです。ちもちもお返事書きます~。よろしかったら添付ファイルでこんなのやおい星人もつけます(普通にウィルスとして駆除される予感)。
↑のような件名のスパムが来たので、明日五時に起きなきゃいけないのについ日記を書き始めてしまいました。なんかね、月収200万円以下の人間は道端の草や泥、昆虫を食べて飢えをしのいでいると信じているお金持ち女性のサークルがあるらしいよ。どうでもいいけどこんなサイトもありますよ(虫画像注意↓)。

ttp://www.afftis.or.jp/konchu/hanasi/index.htm

 セキュリティー的にスパムを開くのはかなりどうかと思うのですが、タイトルの面白さに負けてつい開けて見てしまいました。架空請求が来たらどうしよう。ではおやすみなさい。
 学研・もえぎ文庫ピュアリー様から、『キスとDO-JIN!~お兄様はTAXフリー!?~』が今日発売です。『キスDO』シリーズは前回の『キスとDO-JIN!~王子様はカリスマ大手!?~』に続く二作目ですが、これ一冊でも一応読める内容です。二巻目のテーマは「同人脱税問題」です。ギリギリまで踏みこんだので、ぜひ読んでご意見・ご感想をお聞かせ下さい。肯定されるか否定されるかはまず置いておいて、今絶対に書いておきたいと思って書きました。これはもうどの作品よりも、特に現役で同人誌をやっている方のご意見、ご感想が聞きたいです。

公式サイト http://www.atree.tv/purely/
 
 金曜朝から月曜夜までちょっと留守にするのでネットにつなげないのですが、月曜日に帰ってきた時、どれくらい感想がいただけているか自分的に近年稀に見るドキドキぶりですよ。できれば担当さんと一緒に読みたいので、編集部のほうにもメールかお手紙で送って下さるとうれしいです。
 白泉社・花丸文庫さんより『学園祭はなにを着る!?』今日発売ですのでよろしくです。現在発売中の小説花丸初夏の号には、仔守唄さんの描かれた『学園祭…』のカラーピンナップがついていますのでそちらもぜひ見てみて下さい~。
 あと明後日にフロンティアワークスさんから出る『Daria』8月号には、ドラマCD『恋の雪さわぎ』のプチ特集インタビューが載っています。皆実先輩、ごめん…みたいな内容のインタビューです。

 単行本はわりと早めに見本誌が届くので(雑誌は発売前日か3日前くらいだからそんなに前でもないですが)、自分の中ではもうとっくに発売されていたような気になっていました。けど、今日にならないと本屋さんにはないはずなんだよね…ああ本屋さんに行きたい…でも一度足を踏み入れると一時間くらい抜けられない…
 
 
リブレ出版さんの「水戸の部屋」が更新されましたので、よかったらご覧下さい。それと、新刊「西洋男娼館~エキドナの掟~」「略奪せよ」「征服せよ」の三冊をコンプリートすると読める書き下ろしショートストーリーもアップされています。
http://www.b-boy.jp/

 洗濯をしたのですが部屋に備え付けの乾燥機付き洗濯機の使い方がよくわからず、しばらく途方に暮れました。うちの実家の洗濯機はね、わりと最近まで二槽式だったんだよ…でも別にそんなに不自由でもなかったよ…で、前の部屋で使ってた自分用のは乾燥機のついてない古い洗濯機だったけど、それも別に普通に使えましたよ…乾燥機は便利だけど電気代がかかる上に、今の洗濯機は風呂の残り湯が使えないから水道代もかさみそうでいやあああああ。
 あと最近のマンションて24時間換気が義務づけられているらしく、その電気代も気になって気になって換気扇切ろうとしたら「24時間換気システムはブレーカー落とさない限り動き続けます」言われたああああ。
 換気なんか、窓開けたらタダじゃん…!! 洗濯物なんか、ベランダに干せば電気代かからないじゃん…!! とか、そういう細っっか~いことが気になるせこい性格の人は、新築タワーになんか住んだらいけないんだと一ヵ月経たずに悟りました。たぶん次の更新はせずに引っ越す…でもここペット可であることが最大の魅力だった…のに、実家のママンは「この暑いのにはっちゃんを電車で運ぶのは可哀想」言うて連れてきてくれません。うん、まあ実際暑い時に外に出すのかわいそうだからいいんだけど、丈夫なわたしが電車ではっちゃんのところへ帰ればいいんだけど、だったらペット不可物件でよかったのでは…とか考えると気が遠く…
 今週のぎんたまのネームに震えました、そうそうサブカルも上に「オシャレ」がつけば一般的に許容されるんですよきっと、主義主張よりもまずデザインやレイアウトをがんばれ的な…ところでめぞんどぺんぎんはマジで面白かったのに打ち切りになったのは、やはり編集長の水着グラビアを描いたせいですか…?? たいぞうもてきんぐさーがも物凄く面白かったのに打ち切りになったのは、じょじょネタをやりすぎたせいなのか…?? あの二作はほんとおおおおに面白かったのに残念です。赤まるとかで再開してくれないかなあ。あとコンビニでじゃんぷと一緒にヱヴァの最新刊買ったら、凄まじく萌えるBLで九月の映画後にヱヴァ本を作りたくなったらどうしようかと思いました。
 明日は『征服せよ』の新装版が発売されます。書き下ろしはミュンツァー×クラウス様です。自分のキャラなのになぜか様をつけてしまうクラウス様の好きな言葉(というかよく使う言葉)は「這え」「跪け」です。「略奪」シリーズはb-boyモバイルさんで着ボイスなどがダウンロード購入できるのですが、クラウス様のセリフもかっこいいですよ、電話がかかってくるたびに「すっすみません!」って思わず謝りたくなりますっていうかそういうクラウス様を跪かせたいですね!
 あと同じくリブレ出版さんからは、「エロとじ」アンソロジーがすでに発売されています。少年メイドものが再録されていますのでそちらもよろしくです。

 ものすごくどーでもいいんですが下のほうの日記の絵、正確には絵じゃなくて顔文字?だったのね。SHOWWAにはわかりませんでしたっていうか「なんかサイズ小さいなー」と思ってはいたけど深くは考えなかった。だから進歩しないのか。そうか。下のちみこい絵に関しては著作権放棄しますので、あなたのナウでヤングなサイトのアイコンにでも使って下さい。なんだったらぜひインベーダーみたいなゲームも作って下さい。
 ブログを始めて二日目でいきなりかなしいお知らせです。8月に講談社ホワイトハート文庫さんから発売予定だった「薔薇の名前」シリーズですが、10月発売に延びました…初手からすみません…。しかし落ちこんでばかりもいられないので、二ヵ月延びた分だけ書き下ろしの枚数を増やそうと思います。幸いX文庫さんにはページの上限が(ほぼ)ないのです。流石は京極先生を世に知らしめた出版社、ページ数に関してはどこよりも豪毅です。というわけでわたくしも及ばずながら内容の密度と枚数の(自分的)限界に挑戦してみようと思います(でもいくらなんでも京極先生なみの枚数は無理です…いつか書いてみたいけど。それ以前に内容をがんばれ自分フェアーを続けないと…)

 薔薇の一巻目の初版が発売されてから何年経過したのか、考えると気が遠くなるのでなるべく考えないようにしていたのですが、もう自分を誤魔化すのはやめます…あれ、初版10年前ですよ…!! 
 自分が昔から愛読しているシリーズ物で、「これいつになったら続きが出るの? 完結するの??」ってシリーズが何作かありますが、まさか後年自分がそれを言われる立場になるとは夢にも思いませんでした…。
 ちょっとマジメに言うと「薔薇」はデビュー三作目で、今振り返ってみるとあの時の自分にシリーズを続けられる筆力なんかなかったんじゃないかと思います。しかし今でも作品に対する愛着はあるので、なんとか物語として一番美しい形で完結させたいです、それもなるべく早いうちに。
 で、シリーズというのはご存知の通り「売れないと打ち切りになる」というのが最大の難関で、薔薇も新刊が出るのに前の巻が在庫切れ、重版未定になったりしたことがあって、さすがにそうなると商業としてシリーズを続けるのは難しくなるのね。だから今回再開するにあたっては、小説の内容は当然のこととして営業努力的なことも最大限がんばっていかないといけないんだよな~とデビュー11年目にしてやっと重い腰を上げたくなりました。
 正直わたしは販売促進的なことを考えるのが苦手で、というか、自分の作品を読んで下さいというのがいまだに少し恥ずかしくて、つまりそれは思春期レベルの自意識をいまだに持ち続けているという大変情けないあれなんですけど、誰だったかの言葉に「自分の名前が出ることを恥ずかしがるのはプロとして二流だ」みたいのがあったのね。「いや、恥ずかしいよ、だって水戸 泉だもん!」と当然わたしは思うわけですが(そもそもそんなペンネームつけるから…)、なるべく大勢の人に読んでもらうためには、作者名と作品名を認知してもらう必然性があるのです。そういう努力も、自意識の限界レベルくらいまではがんばろうかと思います。といっても宣伝用のサイトを充実させるとか全員プレゼント企画をやるとかその程度の、普通にやっているよーなことですが、なにぶんわたしは同じケータイを六年間使い続けたダメ人間なのでこういうアクションを起こすだけでもなんかもう海外旅行なみの覚悟が…(でもしょせん海外旅行程度・つまりは楽しみ)
 他作品にも言えることですが、何卒新生薔薇シリーズをよろしくお願いします。もし打ち切りになった場合は同人誌ででも何がなんでも続きは出しますけど、それ一応プロとしてけっこうかなしいのでなるべく商業作品は商業誌で完結させたいっす。ていうかもう最初から「打ち切りになったら」とか考える、その後ろ向きな姿勢がそもそもの敗因じゃないのかと今思いました。スポーツ選手には絶対なれないタイプです。メンタルトレーニングがヘタ過ぎます(それ以前に運動音痴だし)。でも性格は無駄に明るいので常にテンション低いけど元気です。テンション低いのはサブカルおたくだからであって、要するにいまだに「ニヒルってかっこいい」と信じている思春期レベルの自意識が(以下略)。
 では原稿に戻ります。またなんか生存報告兼宣伝にきます。

 あ、で、肝心の内容についてはなんかまた別ページを設けてお知らせしたいです。まずは本文を~ををを…!!
やおい星人

 わー絵が描けるのかーSHOWWA大喜び。
 そろそろ本気で仕事に戻らないとやばいのに…いやこれ書き終えたら戻るかりゃ…!(焦ると語尾が変になりがち)
 せめて仕事の話を書くのなら多少言い訳もできますが、犬の話とSHOWWAの話しかしていないんじゃもうどうやったって言い訳不可能です。ソープ代を接待交際費として申告するのと同じくらい難しいです。いや~でもハンドソープ代くらいは申告してもいいんじゃないかな、科目はなんになるのかな。接待交際費でないことだけは確かだな。BL的には30代リーマンがある日取引先に行ったら50代後半趣味はゴルフの打ちっ放し体脂肪率40%くらいの社長が出て来て「いや~おたくさんにはいつもお世話になってますから、まま、ちょっとこちらへ」ってユニットバスに通されて、「え?? 何??」って戸惑ってたら社長が裸で入ってきて狭いユニットバスで背中を流してくれるという、そんなイベントが起きてもいいんじゃないかな。社長「すんませんなあ、今石鹸切らしててハンドソープで」「い、いえ、お構いなく…」会社員て大変だな。というお話が書きたいな。よしこの日記の分類は「商業誌」だ。
 たった今R子妹っち(サイトの基礎というか接続の設定してくれた)から

「これで晴れてWeb2.0(二昔前のトレンディみたいなコトバ)の仲間入りですね。最初からカテゴリーに「日常」とは別に「はっちゃん」が設定されているところに水戸さんの病の深さを見ました。そんでblog名は水戸が攻めで小林が受けということでよろしいですか?」

というメールが来たのですが、Web2.0の意味がわからないため笑いどころがわかりません! 教養がないとウィットってやつは無理です! 平成ベイビーの皆さんは「よど号」とか「あさま山荘」って単語をぐぐればいいと思いますが、これらの単語はもはやサブカル用語であって教養ではない気もします。うっかり人前で

「知ってる? よど号事件の犯人は「我々はあしたのジョーである」って言って飛び立ったんだよ」

とか蘊蓄を披露すると、尊敬される確率よりも「思想的に偏った人」と見られて距離を置かれる確率のほうがぜんぜん高いです。サブカルチャーの特徴は「ほとんど実益に結びつかない上に知ってるだけでオタクであることを披露してしまう」ことに尽きると思いますが正直大好きですサブカルおたく。
 ところで小林は受ですか…一人やおい劇場…(※水戸と小林は同一人物です・念のため)
2007.06.17 SHOWWA
 前述の通りケータイも六年くらい買い換えなくてですね、それはなぜかというと新しい機械を買うのが面倒だったから…わたしの中ではまだ昭和が終わってないから…コムソンの社長といえば自分の中では老人ホーム作った人じゃなくてジュリアナ作った人っていう認識のままだから…(ジュリアナはすでに平成だった気もします)。「平成ベビーが来年成人式ですよ」とか言われるとSHOWWAはふつうにショックを受けるので言わないであげて下さい。平成生まれは永遠に淫行罪に引っかかる年齢のままという認識でいさせて下さい。 
 それはともかくなぜ新しい機械(物)を買うのを躊躇うかというとですね、物が増えると掃除がめんどくさくなるから…あと大きい買い物でわりとよく失敗するタイプだから…(ケータイが大きい買い物か? というつっこみはSHOWWAにはしてはいけません)
 他に理由を挙げるとするなら、同業の友人であるS木Aみ先生のケータイがわりと最近までモノクロディスプレイだったからというのもあります。あれメールする機能ついてなかった気がしますがS木先生は「でも電話はできるよ!」と幸せそうでした。その笑顔を見ていると「ああ、自分もこのままでいいんだ、っていうかわたしのケータイはちゃんとカラーだし」とか安心してしまったのですよ…S木先生がケータイを買い換えた時は正直「裏切り者!」って思いました。心の中であさま山荘事件が起きた。あと家電で「今度のケータイは折り畳めるんだよ、ほらパカパカ音がするでしょ?」って音を聞かされた時は心の中でよど号が飛び立った。
2007.06.17 ぶろぐろぐ
 ブログに慣れるためコツコツ更新というか書き込んでみますよつーかきれいなおうちは楽しいなあああああ(ブログのデザインはテンプレートをそのまま借りられるのできれい)(サイト(水戸の快楽園)を見ればわかる通りわたくしの色彩感覚はとてもやばげ)(サイト制作にだってテンプレートは存在したはずなのになぜだか頑なにワードで作り続けたわたくし)(ぶっちゃけテンプレートの使い方がわからなかった…)
 なぜ世の中の人々は独学でサイトとかが作れるのだろうか…やれば自分もできるんじゃないか・手ぇ抜いてるだけなんじゃないかと一応自分を責め続けてはいましたが、でもあれある程度まとまった時間がないと無理…せめて週に一日は休みがないと無理…はいはい新しいおうちで初手から無理無理言わないの!(脳内お母さん談)やっぱある程度はタグとかHTMLとかわからないとだめなのね…まずはそこから…というか一太郎以外のソフトを立ち上げることから…もっと言うなればネットに毎日繋ぐことから…始めようかと…始めるべきかと…そんなこと言いつつ五年以上過ぎている自分がとても嫌ああああはいはい新居で(以下お母さん談)
2007.06.17 できた~
 遊びに来た友人に手伝ってもらってやっとなんとかブログ開設です。R子さんありがとう~。
 一年ちょっと前までレンタル日記を借りていたんですが、それのサービスが終了してしまって以来、すごいやばい感じの掘っ立て小屋サイトに住み続けてしまいましたよ…ワードで書いてそのままアップしてたよ…というか他のやり方がわからなかったんだよ…今年の目標はデジカメを買うことです。今日は六年ぶりにケータイを買い換えてご満悦です。 
 今実家にいるはっちゃん(お犬様)が六歳なんですが、わたしの前のケータイ、はっちゃんが生まれるちょっと前から使ってたのね。なのでわたしはケータイの歴史を「はっちゃん歴●年」と密かに数えていたのですよ。そんなはっちゃんもそろそろ中年の兆しなので(腹回りがとてもご立派に)がんばってケータイを買い換えてみたよ…。六年間電池パックが持ったことに驚かれたよ…。
 新しいおうちがうれしいのでまたなんかマメに書きたいです。はっちゃん(お犬様)の話ばかりでなく、小説のこともちゃんと書こうかと思いますよ今度こそ…! 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。